ナーブルスソープ 保管方法

ナーブルスソープを長持ちさせる保存方法

ナーブルスソープは、防腐剤や保存料が入っていない純石けんです。
そのため、空気に触れると酸化が早まり雑菌も繁殖しやすくなります。

 

最後まで品質を保てるナーブルスソープの保管方法をご紹介します。

 

 

未使用のナーブルスソープの場合

使う前のナーブルスソープは、箱に入れたまま通気性が良い場所に保管します。

 

通気性が良いのは、こんな場所です。

  • 温度差が少ない
  • 直射日光が当たらない
  • 風通しが良い

押入れ・納戸などが最適です。

 

 

使いはじめたナーブルスソープの場合

オーガニックソープのナーブルスソープは、一般的な石鹸と比較して溶けやすいです。
使い終わったら、しっかり水を切りましょう
水きりできたら、石けん置きに乗せて保管します。

 

このとき、石けん箱のフタをしてはいけません。
湿気でナーブルスソープが溶けてしまいます。

 

オススメは、水切りしやすいスポンジ製の石けん置きです。

 

ナーブルスソープの公式サイトでは、AIRA(アイラ)というアメリカの会社のソープディッシュ(石けん置き)をオススメしています。
※AIRAのソープディッシュについては、こちらをお読みください

 

 

ナーブルスソープをもっと長持ちさせるために

使い終えたナーブルスソープは、早く乾燥させることが大切です。

 

浴室に窓があるなら、ナーブルスソープを窓際に置くと良いでしょう。
窓がない場合は、浴室から出してしまうのもオススメです。

 

ナーブルスソープを公式サイトで買う